スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iTunes 8

itunes8.jpg

iTunes ver.8が登場した。とりあえず、感想とか。

- Magnetosphereが新しいVisualizerになった。以前のやつと比べると、なんかAppleっぽくなってしまって物足りない。躍動感がなくなってしまった(前のは画面の切り替わりがしょっちゅうあって、とってもリズミカルだった)

- Geniusプレイリストは洋楽だとかなりつかえるけど、J-Popやアニソンではプレイリストが作成できないケースが結構有る。プレイリストが作れるか否かは、いまのところ、iTSにある曲か否かがかなり効いてるみたい。

iTSの曲との一致は、曲名とアーティスト名から判断していて、ジャンルとアルバム名はとりあえず気にしていないっぽい。

うちではジャンルが"Billboard"とか"Nico"といった特殊なものを使ってるけど、そういった曲からもGeniusプレイリストは作れる。アルバム名も主題歌なんかは"番組名 op. 曲名"って感じにしているけど、これも大丈夫。

- タイル表示のジャンルアイコンがイマイチだけど、アイコンの上をマウスでなぞると、中に含まれてるカバーアートがくるくる表示されるから、気に入ったところで右クリック→デフォルトのグリッドアートワークに設定で変更できる。

または、ApplicationフォルダのiTunesを選択して右クリック→パッケージの内容を表示→Contents→Resourcesでなかに入ってるjpgファイルを好きなjpgファイルに置き換える。jpgのサイズは256x256pix。

genres.plistの中を書き換えれば、オリジナルのジャンルのアイコンも用意できるみたい(試してません)。

- いくつか使えるDefaultがすでに見つかってるので、まとめ。ターミナルを起動して、打ち込んだあと、iTunesを再起動すれば使えます。

ブラウジングしているときにジャンルを表示させない(iTunesの上半分のジャンル表示をオフ)
defaults write com.apple.iTunes show-genre-when-browsing -bool NO

ストアへのリンク(→マーク)を消す。
defaults write com.apple.iTunes show-store-arrow-links -bool NO

ストアへのリンク(→マーク)のジャンプ先を自分のライブラリに変更する。
defaults write com.apple.iTunes invertStoreLinks -bool YES

-iTSやGeniusプレイリストを使うにはiTSのアカウントが必要です。クレジットカードがない場合はiTSカードかコーラとかのキャンペーンで時々やっているコードが必要。やり方はこちら

-Geniusは日々成長しているようです。昨日iTSで購入してプレイリストが作れなかった曲から、プレイリストが作れるようになっていました。

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

タグ : iTunes Default



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。