スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iTunes8の新しいVisualizer仮まとめ(隠し機能他)

itunes801.gif

Genius機能はまだ評価が定まらないようですが、新しいVisualizerについてはほとんどの人が良い印象を感じたようです。

今のところわかってる機能をまとめてみました。Visualizerを表示したまま、各種キーを押す事で設定をかえることができます。

?: ヘルプの表示
M: モードを変更します。全部で20種類あるようです。
P: カラーパレットの変更? よくわからなかった。
I: 現在再生している曲の情報を表示します。
C: モードの固定。このキーを押すと曲がかわってもVisualizerのモードはかわらなくなります。
F: フリーズモード。CoreやParticleの動きが止まり、視点だけが変化します。
N: 背景の星雲をOn/Offできます(最初から星雲のないモードもあります)。
L: カメラのロック。Core全体の中心点が固定されます。
A: Particleの数が増えます(CPUの負荷も増)。
S: Particleの数が減ります(CPUの負荷も減)。
+: Particleの移動範囲が広がります(派手になる)。
-: Particleの移動範囲が狭まります(地味になる)。

新しいVisualizerの画面例

itunes802.jpg

itunes804.jpg

itunes803.jpg

itunes805.jpg

参考 旧Magnetosphere
mags01.jpg

mags02.jpg

mags03.jpg

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

タグ : iTunes8 iTunes Magnetosphere Visualizer ビジュアライザ



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。