スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


azureus vuze の設定

azureus(vuze)の設定(mac)

ほとんどの場合、初期設定のままで使えると思いますが、とりあえずのポイントだけ。
(最初にPreferences→モード→上級者に変更。不安な人は初級者モードで変更できるところだけ変更してください)

- 接続: 特になし(rooterやfirewallのポートの設定が重要。ただし、Bittorrentはポートが開放されていなくても、ダウンロードの速度はほとんど変わりません。ここで問題が起きるのはむしろ、プロバイダ側の設定に問題がある可能性が高いです(ネットバリア他))

- 転送: 必要があれば(プロバイダがOCN等)、総アップロード速度を入力(280kB/sとか)

- ファイル:

毎回ダウンロード先を指定と最後に指定したパスを記憶にチェック。何かと便利なので。

Torrent→文字エンコーディング→Shift JIS & すべてにチェック。azureusはあまり日本語の扱いが上手ではありません。できるだけ、自分で指示する方がよいと思います。

- インターフェース:
起動: 起動時にVuzeの最新バージョンを確認~アップデートが見つかった場合、、、まで全部off。こわれてないなら治すなよ、がVuzeでは重要です。うまく動いているならアップデートはしないこと。98%
ぐらいのトラブルはアップデートで発生してます、Vuzeの場合。

IPフィルタ→有効。Peer Gardian等も併用した方がよいでしょう。

プラグイン: 特になし。Friendは起動時に引っかかることがあるので、つかっていないならoffでもよいと思います。

トラッカー & キュー: 特になし。


一番重要なのは自動アップデートをoffにすることです。

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

タグ : azureus vuze 設定 bittorrent torrent



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。