スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Mac de Cabos Pt.3 使い方

070901cabos01.gif

ダブルクリックしてCabosを起動するとこのようなWindowが開きます。

070901cabos02.gif

しばらくすると左下のネットワークの横に3-5の数字が表示されます。これはあなたが接続しているUltrapeerという上流コンピュータの数です。ここに数字が現れない場合はCabosはGnutella Networkに接続しておらず、ファイル共有をすることができません。

070901cabos04.gif

早速使ってみましょう。左上の欄に検索したいファイルの名称を入力します。今回はモーツァルトのトルコ行進曲を試してみました。検索は英語だけではなく、日本語も使用可能です。

070901cabos05.gif

検索したい単語を入力してしばらくすると、右の欄に検索結果が表示されます。右上にある「絞り込み」をクリックするとファイルの種類や大きさ等でファイルを絞り込むことが可能です。

070901cabos06.gif

検索が終わると、赤矢印の部分が虫眼鏡のマークに変化します。探しているファイルが見つからなかった場合は虫眼鏡をクリックしてください。Gnutellaのネットワークでは一定量の検索結果が見つかると、その時点で検索を終了する仕組みが盛り込まれています。虫眼鏡を押すことで、さらに検索を進めることが可能です。

検索結果の一部が文字化けしている場合は、文字化けしている項目を選択して(+Shift Keyで複数選択も可能)「Command+E」を押してください。

070901cabos07.gif

検索結果のファイルをダブルクリックするとダウンロードが始まります。

070901cabos08.gif

左下のダウンロードを選択すると、ダウンロードの進行状況を確認できます。

070901cabos09.gif

右上のボタンでダウンロードの一時停止・再開やダウンロードが完了したファイルのリストからの消去、ダウンロードリストからの強制除去等が可能です。(消去を押すとリストの中のダウンロードが終了した項目が自動的に削除されます。除去は選択した項目をリストから削除します。)

ファイルによっては、有効なソースが無くダウンロードが進行しないケースもあります。Gnutella Networkにつながっているコンピュータが常にネットワークに接続しているとは限らないので、検索結果を入手してからダウンロードが終了するまでの間にファイルを所有しているコンピュータの電源が落とされたりすると、このような事が起こります。

070901cabos10.gif

ダウンロードが終了しました。ダウンロードされたファイルはユーザフォルダの下のDownloadsという名前のフォルダ内にあります。このフォルダは「Cabos→環境設定→ダウンロード→ダウンロードしたファイルをここに保存する」で変更することも可能です。

初期設定では、このフォルダに保存されているファイルはCabos起動中はネットワーク上で自動的に共有されるようになっています。プライベートなファイルは間違ってもここに保存することが無いよう注意しましょう。逆に共有したいファイルはこのフォルダに入れておけば、自動的に共有されます。特に設定は必要ありません。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。