スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iTunes →マークの活用

iTunesのアルバムやアーティスト名の右には小さな→マークが表示されています。これをクリックするとiTunesStoreの同じアルバムやアーティストの一覧にジャンプするのですが、iTSのヘビーユーザーならまだしも、普通の人にはあまり役に立たない機能だと思います(環境設定で切っている人も多いかも)。

あまり活用されていないかもしれませんが、実はMacの場合、Optionキーを押しながらこの→マークを押すと、自分のライブラリにある該当アーティストの一覧が表示され、かなり便利です。

このiTSと自分のライブラリ一覧の機能を逆転させることがMacでは可能です。ターミナルを起動して、

defaults write com.apple.iTunes invertStoreLinks -bool YES

と入力してからiTunesを起動すると、→キーを押した場合は自分のライブラリの一覧、Option+→でiTSの一覧に逆転します。一度上のコマンドを実行すれば、後はMacを再起動させても設定は維持されつづけます。

iTSには悪いけど、この切り替えをやっておくとiTunesがかなり便利になります。

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

タグ : iTS iTunesStore iTunes 矢印



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。