スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょw この顔かわいいw

souleaterpati.png


っていうか勉強してねえじゃんw

今回のSoul Eaterは楽しかった!パティもいっぱい登場して満足です。

テーマ : SOUL EATER -ソウルイーター- - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : SoulEater パティ トンプソン ソウルイーター



080524kurenai01.jpg


紅の出来が恐ろしくいい。声優さん達の演技自体が一貫して高いレベルにあるのと、アップなど抑えるべきシーンの作画が非常に丁寧で、キャラクターの表情がとても生き生きしてる。視聴していると画面に引き込まれてしまう。

今週からエンディングが変更になった。相変わらず新谷良子さんのリズミカルな歌声は耳に心地よい。

かなりはまってしまった。<<人間性が失われているのかもwwwwww

テーマ : - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 新谷良子



ニンジーン

080524ninnjiiiin.jpg


やばい、ニンジーンにはまった。天才だな、菅野よう子w

テーマ : マクロスF(フロンティア) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : マクロス マクロスF ニンジーン 菅野よう子



4月からのアニメ

1ヶ月以上放置して、なんか変なものが表示されるようになってしまったorz

気をとりなおして、4月スタートの新番組の感想などを、、(これであと1ヶ月はもつおw)

1番押し 紅
紫に完全に魅了されてしまいました。まじでヤバイ。これ声あててる人すごいな、それと声にあわせて絵を描いてる人も。OPとEDもとってもよい曲。

時点 マクロスF
演出、作画、展開すべてGoodです。戦闘時の作画もすごいけど、日常的な場面の演出も良質。坂本真綾さんのOPは売れてるみたいですね。

その他
仮面のメイドガイ
リズミカルな展開と安定したギャグが非常に魅力的。エロをもう少し、Over the topを見せて欲しい、今日この頃です。

狂乱家族日記
藤村歩さんの凶華はとっても魅力的(話はちがうけど、藤村さんの歌っている鉄道むすめ 久慈ありす しおさいシュンフォニアは無茶苦茶いい曲です。iTSでも買えるよ)
良質とはいえないけれど、OPのMOSAIC.WAV同様不思議な魅力があります。ただし、この前の4回の内容はかなりひどかった(ヤバイぐらいに)。そのかわりに広橋涼さんの素敵なエンディングをきくことができました。

ソウルイーター

souleater0.jpg


初回みて一番気に入ってしまった。とにかくOPのかっこよさはここしばらく目にすることが無かった力を入れた内容。それとマカ役の主役の良い棒っぷりが素敵。やさしい名塚さんの演技も非常に魅力的。さらにそれらを吹き飛ばすパティの「ごみんに」

1月開始の番組のキーワードの一つは「かぷっ、ちゅう」でしたが、4月からは「ごみんに」。まずまちがいありません。制作陣は早急にパティの出番と「ごみんに」を増やすように。

ピクチャ 2


ところで今日5回目の放映があったのですが、マカの声が明らかに上達しててびっくりしました。新人だから成長率が凄いですね。これからも頑張ってほしいが、しばらくは花澤ルートをたどってくれると嬉しいです。

souleater.jpg

テーマ : SOUL EATER -ソウルイーター- - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : マクロスF 狂乱家族日記 仮面のメイドガイ ソウルイーター マカ 棒声優 ごみんに



みなみけ カップヌードルって時々無性に食べたくなるw

minamikecupnoodle.jpg


みなみけ第10話はもうひとつって感じ。各エピソード内のリズムが悪く、パンチに欠けてしまってる上、まとまりにも欠けている印象。少し出来が良い話がつづいたので、一休みというところでしょうか?

ただ、おしまいのカップヌードルのところは姉妹の関係、みなみけの雰囲気をうまく表現できてて良かった。

テーマ : みなみけ~おかわり~ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : みなみけ おかわり カップヌードル



Gunslinger Girlの出来が右肩上がりに良くなってる

Gunslinger Girlの出来が確実に向上しています。第9話の仕上がりはとても第1話の延長線上にあるとは思えません。細かい不具合はあるにせよ、1つのエピソードとしては文句無しに合格ラインを満足しています。

第1話を視聴した後はただ単に「これはひどい」と言うことができましたが、第9話については「挟撃狙うなら互いの火線を避けるよう配置するのが常識だ」等具体的な細部のミスを指摘した上でなければ、否定的な評価を正当化することができない程に出来が良くなっています。

これはこの後も期待できるのでしょうか???

テーマ : GUNSLINGER GIRL - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Gunslinger ガンスリンガー ガンスリ



ぺるのけ (みなみけ おかわり9話)

minamikeyoshino.jpg


みなみけ おかわりにいきなりペルソナの人物が登場してあせりました。いや、まじで。ペルソナは出さなかったけど影抜きの一つや二つはやっちゃうぞって感じで、黒いふいんきを少々帯びていますた。

minamikemako.jpg


それをみたまこちゃんもペルソナ化。この後、白い鳥の羽がまこちゃんのいた場所に残されてたりしたらかなり凄かったんですけど、、、(ちなみに、ペルソナも見てます。以外と面白いです。時間かけて丁寧に準備したって感じが伺えて好印象。)

今回は普通のみなみけって感じでした。前回程良くないけど、みなみけ的な成分は基準値以上含有、不純物の混入も最低限という感じ。

春香の交換留学の話の進み方次第で今後の評価も180度変りそう。。。どうなるんでしょ、楽しみ。(ここで勝負にでたら、それはそれで潔いと思います。イヤだけど)

テーマ : みなみけ~おかわり~ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : みなみけ おかわり ペルソナ まこちゃん 吉野



みなみけおかわり 別腹プールはVery Good

01minamikeokawaripool.jpg


今回はいままでのおかわりと、かなり方向性が異なり前期に近いシナリオ進行でした。結果として極めて優秀なみなみけの1話に仕上がっていたと思います。(無印・おかわりを通じてもかなり高い評価をつけられそうなエピソードだと感じました)

アニメに対して視聴者が望むのは、アニメならではの映像表現(エヴァ序)、あつい人間ドラマと人間性を深く掘り下げる重厚な脚本(二ノ宮くん・ロザリオパンツ)、丁寧に描かれたラブストーリー(True Tears)、つかさやつかさ(らき☆すた)等、作品毎に変化すると思いますが、無印に引き続き放映されるおかわりに求められていたのは、視聴して楽しい作品だったように感じています。特殊映像効果、パンツによって掘り下げられた人間の本質、登場人物への共感、萌、感動などは二の次、なによりもまず(*´Д`)ポワワワワワワワワワワワワとした楽しさを感じたかったというのが、前々回までの放映に対する個人的な感想です。

今回はその意味でとっても楽しい1話に仕上がってました。見てて正直、楽しかったです。

細部で、少々強引な展開も見られましたが、楽しい作品であるという要件を高いレベルで満足している以上、そういった細部の齟齬は作品に対するつっこみポイントとして楽しむための要素でしかないと思います。

放送直後から2chでは、スレの勢いがかなり高いようですが、これは振り上げたこぶしの降ろし場所が突然失われたことによる、一種の集団パニックだと思います。

正直、おかわりがはじまってから、素直に次回の放送が楽しみと感じたのははじめて。(冷静に考えれば、とっくに視聴をやめててもおかしくなかったんですが、心のどこかで、今回の様な路線変更があることに希望を抱いていたのでしょう。)

次回もタイトルからはかなり面白そうな展開が期待できそう。たぶん制作現場はラストスパートにはいっていると思いますが、アスリードがんがれ、この調子でがんがれ。


PS. ヤツは出さないで、おながいします。

テーマ : みなみけ~おかわり~ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : みなみけ おかわり プールは別腹 フユキが登場しない



バンブーブレード 第20回 たまちゃん回

bamboo01.jpg


バンブレはほんと、毎回楽しんで視聴できる良番組。まじで放送が待ち遠しい。ちなみに今回は完全なたまちゃん回でした。ハラショー! これまで見られなかったたまちゃんの表情がもりだくさんで最高。歌を歌ってくれればなお嬉しかったのですが、、、

bamboo3.jpg


次回以降本格的に参加してくると思われる新キャラとの絡みにも期待。バンブーブレード2も是非お願いしたいです。

bamboo2.jpg








コスモサーティーン、13人って多過ぎだろw 常識的に考えて。

テーマ : バンブーブレード - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : バンブーブレード コスモサーティーン 川添珠姫 たまちゃん



みなみけ おかわりのもう一つの楽しみ方

minamike7th.jpg


おかわり第7回は事前の予想を裏切りかなり楽しめました。春香、マコちゃん、内田、冬馬がたっぷり、脚本も密度高く、無印後おかわり放映前に抱いていた視聴者の期待に応えられうる内容でした。この方向で次回以降も進行して行く事を強くキボンヌ。

ところで視聴している間、別の楽しみ方を見いだしていることに気がつきました。キーとなるのは勿論フユキ。

場面展開毎にフユキ登場しないでくれ、頼む。→おお、フユキフリーだ。→次のシーンもフユキレスで、お願いっ!→よしゃ、フユキいない。小鹿りえさん、ナイス脚本!

と言うように、おかわり第7話にもなると、シーンの変わり目ごとに次はフユキが登場するのではと疑心暗鬼になり、緊張感あふれる視聴姿勢が終始要求されます。

こんな経験、昔もあったなと思いだすと、そう、ホラー映画を視聴するときと同じ緊張感なんですよね。主人公がドア開けるたびにジェイソンでるな!!!!!!って念じていたのとパラレルです。もしかしておかわりは6話を費やしてこの先鋭的な楽しみ方を提供しようとしていたのでは、、、、、






いや、それはない。

テーマ : みなみけ~おかわり~ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : みなみけ おかわり フユキ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。